<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

二日ぶりの食事

落ち込むさくらと夫…
正確には、ワタクシもかなり落ち込んでいるのです(笑)。

が、しかし、夫に、
「落ち込んじゃだめ!いいのいいの、こんなさくらちゃんもさくらちゃんなんだから!」
そうは言うものの、それはおもいっきり自分に言い聞かせている訳でして(苦笑)。
弱い自分です(笑)。

今日も夕方、さくらを連れて獣医さんへ。
今日は丸一日嘔吐なし。
ただし、丸一日なにも飲んでも食べてもいません。
しかも、あの食いしん坊のさくらちゃんが、
私達が食卓で何か食べていても反応せず、ベットで伏せっています。

体重も今までは9.2kgあったのですけれど、
今日は8.7kgでした(苦笑)。

が、今日の診察で、夕食から食事開始の指示を頂きました。

おそるおそる食べるさくら。
それでも、お皿に入った食事は完食です!万歳!

その後、お夕飯を食べる私のイスの横で、
私のヒザに顔を乗せ「ちょうだい!」のしぐさあり。
このしぐさ、実に4日ぶりです(笑)。
しつこくて、うっとうしいこのしぐさが、なんといとおしいことか!(笑)。
ゲンキンなワタクシでございます。

これからも嘔吐がなければいいのですけれど、
…きっと大丈夫です。

ご心配かけました。
そして、いつもありがとうございます。
e0108641_08302.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-31 00:08 | きろく

胃が痛い…

さくらがお話できたら…
「胃が痛い…」って言っているのかな?

さくらちゃん、すこぶる元気がありません。
歩こうとしません。
ベットの中で伏せっています。

いままでここまで元気のないさくらちゃんを見たことがありません。


そんなさくらちゃんを見て、私も胃が痛いです。

でも、さくらちゃんの前で元気をなくすと、さくらちゃんは益々元気をなくすので、
私は元気なふりをします。

親子揃って胃が痛い?(笑)

*********

今日も、さくらちゃん昼間嘔吐しました。
昨日の夜嘔吐してから、何も食べていないので、
もう吐くものは無いと思われます。
胃液を吐いていました。

可哀想に…。

今回、さくらちゃんの皮膚の調子が悪いので、薬が二種類でました。
先週の金曜日のことです。

私は、その薬を飲めば、さくらの皮膚が良くなるとばかりに信じていました。
夫婦で信じて疑いませんでした。

だから、嫌がる薬を必死で飲ませようとしました。

信じることって、恐ろしくもあります。


さくらは、以前、ステロイドを飲んで、膀胱炎になったり、
合成抗菌剤を飲んでは、吐くことがありました。

そして、良いと思ったドライフードを食べて、皮膚の具合を悪くしました。

お薬は、さくらの症状を和らげると信じ、フードはさくらの体調を整えるために、
そんな風に疑わずにしたことが、裏目に出ることがあります。

今回もそうでした。

そんなこんながあったから、私は、さくらの口に入るものは全て手作りにして、
私が責任を持とうと決めたのでした…。

なんだか、久しぶりのお薬で、気を抜いてしまったのかもしれません。

******


さくらちゃん、辛い思いをさせてごめんなさい。


******

とにかく体調が悪そうです。

獣医さんから、絶食絶飲といわれ、大きな静脈注射二本と、痛そうな筋肉注射をされました。

筋肉注射のとき「ひぃー!」と悲鳴を上げたさくら。
本当に辛い思いをさせてしまいました。

帰りの車の中でもぐったりしているさくらの横で、
元気な振りをして歌を歌いながら帰ってきました。
お母さんまで元気をなくしたら、さくらちゃん悲しむのでね…。

******

さくらの命を預かることは、やっぱり楽しいことばかりはないけれど…

こんな風に楽しい日常でないことさえも受け止めることが、
命を預かることなのだろうと、つくづく感じます。

弱いことも悪いことも元気なことも良いことも全てを受け入れること、
これこそが「命を預かること」なのですね。

だとしたら、私は今こそ、強くて辛抱強い自分にならなくちゃです。

よーし!頑張りますよ!
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-30 01:26 | きろく

元気なし。

山小屋へ行ってきました。

行きの途中、いつもの公園でお散歩しました。
でも、さくらちゃん元気なし。
山小屋周辺の散歩にはなんとか付き合ってくれました。
けど、今朝、嘔吐。
お薬を嫌がってすべて吐き出してしまいます。

そして、静岡に帰宅後、食事。
その後も多量の嘔吐…。

抗生剤や抗菌剤を飲むと、時折吐くことがありました。
けれど、ご飯を嫌がることは、今まで一度もありませんでした。
でも、今夜は、ご飯を3分の1ほど残しました。
びっくりです。

元気もありません。

明日は朝食を止めて、病院へ行ってきます。

早くよくなりますように。

はじめは元気にお散歩をしてくれました。
e0108641_21125493.jpg

途中で元気喪失…抱っこで帰りました。
昨日から、調子悪かったのね…。
e0108641_21162674.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-28 21:15 | やまごや

現実逃避…

土曜日、週に1回の病院通いの日でした。
左腰のあたりにひどいできものが多発し、
また腰のあたりの毛をごっそり剃られました(苦笑)。
そんなこんなの繰り返しで、さくらの身体は、
長い毛の部分、剃られて伸びかけの部分、つるっ禿げの部分と、
まるで、腕の悪い床屋さんに出かけた後のような状態です。

しばらく寒々しいさくらのお尻を見て過ごさなくちゃでございます(笑)。

しかも、かなりひどいので、お薬二種類も出ました。
一月半ぶりです(涙)。

今回の食事表の作成は、カロリーの他に、蛋白質・Ca・Mg.P.Znのそれぞれの食材の含まれる量を換算し、一日摂取量を出してみました。
結果は、かなりバランス悪し…(汗)。

しかも、Caが多く摂取できる干しえびの採用に獣医さんからはNG!
Caをどうやって確保していいのやら。
わんこのCa量って、かなりの多く必要なのに、どうしていいのやら(汗)。

まっ・・・のんびり考えるとしますか。
e0108641_649756.jpg
さくらちゃんは退屈。
ワタクシも憂鬱。

e0108641_652384.jpg現実逃避に出かけます。
いってきます。
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-27 06:50 | たべもの

とんでもなく…

可愛すぎて、ごめんあそばせ。
e0108641_23453044.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-23 23:45 | かわいすぎる

改名の巻

さくらちゃんのことが可愛くて可愛くてしょうがありません。

わんこと暮らす方なら皆さん同じ気持ちだと思われますが…、
なんと言っても「世界一可愛い」のが「うちのさくらちゃん」だと思っているわけでして(笑)。
こんなバカ親ぶりを吐露するのが恥ずかしくて恥ずかしくてしばらくさくらちゃんのサイトを辞めていましたが、こうしてまたはじめちゃうとその病気の悪化ぶりもすざましいものだと、当事者ながらに気付くわけでございます。
おっほほほほ。

でもね、時折…誰かワタクシを止めてくださいね、キケンを感じた時は特に(笑)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

土曜日、さくらちゃんの病院へ行った後、
静岡市清水区にある船越堤公園に出かけました。
e0108641_719410.jpgさくらちゃん、階段大好きです。
靭帯を切ったあと、左足を使えない状況のときがありました。
そんな時は、Qちゃんハーネスを付け階段の登り降りを助けました。

そんな時を経て、こんな元気になる日がくるとは思ってみませんでした。
さくらの足は一生不自由で、さくらの一生を私たちが支えれば良い!って、
そう、思っていましたから。

今じゃ、さくらちゃんに支えられている駄目夫婦でございます。
おっほほほほ。

そして、さくら改名 「まつこ」。
e0108641_7195829.jpg

さくら、もとい、まつこ、疲れ果てている間に、おとぅさんとおかぁさんは腹ごしらえです。
ベーグルを食します。
e0108641_7215393.jpg


そして、帰宅後車を仕舞う間…
さくら、もとい、「まつこ」改め、「すて子」です。
集合住宅のゴミ捨て場前にすて子です。
顔もまさしく捨て子のように情けないです(笑)。
e0108641_7274778.jpg

でも、ここにだせるのは、生ゴミと缶とびんのみ。
危険物は取り扱ってくれませんので、
やっぱり自宅に持ちかえって、洗浄(シャンプー)して再利用です(笑)。
もちろんコンディショナーも使いましたから~。
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-21 07:33 | おさんぽ

かわいいだけ。

e0108641_238869.jpg
かわいいだけで、ごめんなさい。
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-19 23:08 | かわいすぎる

父と。

e0108641_2014721.jpg
父孝行中のさくらちゃんです。
我が家でさくらちゃんは、居てくれるだけで「よいコ」と呼ばれ、
こんな風に抱っこさせてくれると、「すっごいよいコ」に成る訳です。

そして、何をやっても何をやらかしても、
「さくらちゃんのする事じゃーしょうがないね」と言われつづけています。

おかげさまで、こんな「駄目いぬ」になりましたとさ。

おっほほほほほ。

☆ ☆ ☆

さくらのご飯は、お夕飯の準備をしながら、明日の食材を選び計測をします。
食材のバランスとカロリーをここで計算します。
蛋白質や乳製品など以外は全て下ごしらえを済ませます。
フードプロセッサーにかける前まで準備します。
これが毎日の日課です。


↓の画像は、明日の食材全てです。
黒いのは、ひじきを戻し中。

明日の食材は、ちんげんさい・春菊・人参・じゃがいも・ズッキーニ・干しえび・ひじき・キャベツ・高野豆腐です。
あとは、馬刺しとヨーグルトをプラスします。
カロリーは450Calです。
e0108641_209963.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-15 20:15 | かわいすぎる

お台所の必需品

土曜日、さくら父と、ワタクシさくら母と、さくらちゃんとの3にんで動物病院へ行きました。

2週間前、つるりと剃られた背中の毛も随分伸びてきましたので、
また毛を剃られる覚悟で出かけました。

過日の抗生剤の感受性テストで、
さくらの皮膚の発疹に効く抗生剤はただ1種類だけだということが判明しました。
獣医さん曰く、今この抗生剤を使ったらいざというときに何も効かなくなるかもしれない…、
そう説明されました。

☆ ☆ ☆

さくらが我が家に来た時、アカラスでした。
それがわからず、随分の長い間キツイ抗生剤を飲んでいました。
効きもしない薬だったのに…。

アカラスだと判ったとき、通っていた獣医さんに
「この子を戻しますか?」と聞かれました。

意味がわかりませんでした。

「どういうことですか?!」
「この子はもううちの子です!」
と矢継ぎ早に言ったことを記憶しています。
5年前のことです。

その後、暫くヒトリ寝室の隅で泣いていました。
今でも夫にそのことを言われ、笑われます。
さくらの前で泣くとさくらが心配するので、寝室の隅でヒトリで泣いていたのです。
でも、あんまり大きな“しくしく泣き”だったので、狭い家中響いていたと思われます(笑)。


その後も皮膚に発疹が出るたび、抗生剤抗生剤の繰り返しでした。

最後には、原因不明の皮膚の病気になり、ステロイド剤を飲みました。
その二日後、ひどい血尿にびっくりする結果となりました。

皮膚は治らないのに、副作用ばかり…
それまでの治療に対する率直な思いでした。

それが、手作り食を作るきっかけになりました。
それまで食べていたフードを全て辞め、
さくらの口に入れるものは全て自分で作ろうと決めたのです。
今考えると無謀です。
でも、そのときはそれしか思い浮かびませんでした。
夢中だったのです(笑)。


おかげ様で、二月後には皮膚のでこぼこが治まりました。
そのときの獣医さんの驚きよう…。
でも、そのとき言われました。
「将来的にはバランスの悪さが出てきますよ。早くドライフードに戻すべきです」と。

それからというもの、何かあるたび、
「私の手作りフードのせい?」と不安な日々が続いているのが現実です。

☆ ☆ ☆

今さくらは、何のお薬も飲んでいません。
今の獣医さんには、さくらの今までの経過も全て話しました。
「話してください」と獣医さんから言われ、しっかり傾聴もしてくれました。

☆ ☆ ☆

今回の受診では、500円玉大を3箇所剃られました(笑)。
発疹のひどい個所を剃って、その個所をシャンプーしてお薬をぬってもらいました。
かわいいハゲです(笑)。

獣医さんから、
「あんまり良くなってないと思うかもしれないけれど、お薬を使わないでこの治りなら、かなり良い状況だと言えるのですよ。」
そう、説明されました。

ほんとにうれしいです。

さくらの治療のほかに、毎週私がさくらの食材とカロリーの表を提出しています。
症状とか、様子などの備考も添えたものです。

獣医さんはそれにさっと眼を通して、食事について簡単なアドバイスをくれます。

さくらの症状と、食事とのバランスを把握して、判断してくれています。
ありがたいことです。

これは、今無くてはならないさくら用お台所用品です。e0108641_6521231.jpg
食材の成分のバランスをみて食材を選べれるようにと意識しています。
が…上手くはいきません(苦笑)。

精進でございます。

さくらはワタクシがお台所に立つとすぐ横目で見ます。
恨めしそうにです(笑)。
カワイイです!
e0108641_7235179.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-14 07:25 | さくらのもの

靴来ました。

今日職場でお弁当を食べながら、こんな話しを聞きました。

同じ職場の方のおうちの柴犬さんが犬小屋から脱走したそうです。
しかも、短い期間で二回も。

何だかその柴のコはひとりお散歩がすこぶる楽しいものだと学習したらしく、
リードを固定している付け根のところを鼻先か何かでちょちょいといじって、
リードと首輪をつけたままヒトリでお散歩に出かけてしまうとのこと。

その飼い主さん、警察署に引き取りに二回も出かけたそうです。

飼い主さん曰く「こんなことが続くならば、もう動物センターに連れていこうかと思って…。だって、もし、人を噛んだらこわいもの…」って。

ワタクシすかさず言いました。
「あっ!待ってくださいね。もし連れていくなら、私が里親を探しますからね(微笑!)」

そうです!いいんです!
こういう考えの飼い主さんにわんこを育てていただかなくて結構ですもの。
可愛がってくれて、お散歩も沢山してくれて、リードも安全に確実に係留してくれる、そんな風に命に責任ある飼い主さんの所に行ったほうが幸せですもの。

ワタクシ、そう心に思いましたから。

そうしたら、その飼い主さん「いや、飼うよ~飼うよ~」って。

あっ、そうですかっ?ふん!って、気持ちでしたよ。

言いませんでしたけど(笑)。

人と関る、大げさにいえば人の生活の相談にのったり場合によっては、命の預かる大事な仕事をされている皆さんなのですけれど、わんこの命は別ものなのですね、一部の人にとっては。

仕事、辞めちゃおうかなっ(笑)…さくらちゃんもそう言ってるし(?:笑)。

☆☆☆☆☆

そうそう。
さくらちゃんの踵を守ってくれるべき、靴が届きました。
この靴さんがさくらちゃんの足を守ってくれますように。
e0108641_6404117.jpg
[PR]
by sakurasa939 | 2007-01-13 06:49 | さくらのもの